HOME > エージェント制について

エージェント制について

スターホームズでは、お客様を第一に考えた結果、エージェント制を採用しております。

エージェント制とは

エージェントの使命

お客さま(一般消費者)の利益を最大限に守る

業務や物件価値の透明性を図り、説明責任を果たす

利益相反を完全に排除する(お客様の完全な味方になる)

以上の3点を営業担当者が常に遵守し、お客様に均一のサービスをご提供する為の仕組みとして、スターホームズ大阪堀江店は、エージェント制を導入しています。

通常、不動産取引では、売主と買主の利益は相反する事が普通です。
例えば、金額一つ取っても売主様は「物件を高く売りたい。」、買主様は「物件を安く買いたい。」はずです。
では、一体、仲介会社の営業担当者は、売主様・買主様どちらの利益を実現する為に業務を行っているのでしょうか?
そのような従来型の不動産仲介業務が抱えてきた矛盾や問題点を解消し、お客様ただ一人の完全な味方になって業務を行うための制度が、エージェント制なのです。

アメリカでエージェント制が導入された経緯について

一件の取引に対し、一人の担当者が売主買主双方の代理を行なう事はありません。

中立の立場ではなく、お客様(一般消費者)の完全な味方となって利益を守ります。

説明責任を果たし、解かりづらい不動産の価値や慣れない取引を、最初から最後まで責任をもってサポートします。

セラーズエージェントとバイヤーズエージェント、まだまだ日本の不動産業界で聞きなれない言葉ですが、スターホームズ大阪堀江店は、エージェント制を通じて、「嘘や矛盾の無いプロフェッショナルなサービス」をご提供する事をお約束致します。


一般的な不動産業務に留まらない独自の不動産サービスついて スターホームズについてのご説明はこちら


■特集一覧

店舗所在地 QRコードで簡単アクセス!

■大阪市区別

PAGETOP