HOME > 不動産購入の流れ

購入の流れ

マイホーム(不動産)の購入ってどういう順番で買うのかしら。何から始めればいいの?不動産購入の流れを理解すると、「お金を支払うタイミング」や「引渡しまでに用意が必要な準備」などを把握することができ、資金計画や転居の準備にも役立ちます。ここから、一般的な住宅購入の流れを順番にご説明していきます。


購入 STEP1

資金計画を考える

マイホーム購入にあたり、最も大切な資金計画について考えてみましょう。

購入 STEP2

物件を探す

満足できる物件はすぐには見つかりません。物件の探し方についてご説明いたします。

購入 STEP3

現地や室内を見学する

希望条件の優先順位を明確にし、たくさんの物件を見学しておくことをお勧めいたします。


購入 STEP4

購入申込

購入希望物件が見つかれば申込書にサインを頂き、価格や引渡条件などの交渉を行います。

購入 STEP5

住宅ローン事前審査

物件の候補が決まったら、住宅ローン種類や返済方法を選び、事前審査を行います。

購入 STEP6

重要事項説明/不動産売買契約

支払方法や引渡し時期、付帯設備の確認など不利な条項が含まれていないかチェックします。


購入 STEP7

住宅ローン申込・住宅ローン契約

不動産売買契約締結後、正式に住宅ローンの申込手続きを進め金融機関の融資承認を受けます。

購入 STEP8

残代金の支払い・物件の引渡し

必要書類や決済の日時や場所の設定など、流れについて、責任を持って行います。

購入 STEP9

入居・お引越し

引越しの際に、住民票の移動や各関係機関への住所変更の届出などを行う必要があります。



スターホームズ大阪堀江店は、「エージェント制」を採用することにより、慣れない不動産取引をお客様の立場に立ってサポート致します。
スターホームズ大阪堀江店のバイヤーズエージェント制度は、通常の不動産仲介料と同じ報酬額で、一般の不動産仲介業務(購入物件のご紹介)に留まらないサービスを受ける事ができるシステムです。

エージェント制についての詳しいご説明はこちら


1 資金計画

2 物件を探す

3 現地見学

4 購入申込

5 ローン審査

6 現地見学

7 ローン契約

8 物件引渡し

9 入居お引越し


STEP1 資金計画を考える

マイホーム(住宅)の購入にあたり、最も大切なのは資金計画を考えることです。
住宅の購入をご検討される場合、まず資金計画を考える事から始めてみましょう。

以下に簡単な例示やご説明をしてまいりますが、もちろん直接ご来店やお電話でご相談頂ければ、お客様のご希望や状況をお伺いしながら、「購入可能な不動産はいくらぐらいか」、「月々の返済はいくらになるのか」など、より詳細な内容について経験豊富なスタッフが丁寧にアドバイスをしながら、資金計画のお手伝いをさせて頂きます。


1 購入可能な価格を考える

「自己資金」と「ローンシミュレーションから算出した借入可能価格」が解かれば、その2つの金額の合計が「物件価格+諸費用」の目安となります。
※又、中古住宅の購入に伴う諸費用は、一般的に物件価格の6%~8%といわれていますので、だいたい「物件価格+諸費用」に対して92%~94%が購入可能価格となります。


購入可能価格の例

※物件価格2500万円、住宅ローンが物件価格の90%、諸経費が物件価格の8%の場合
例:(450万円 + 2250万円)200万円2500万円


では、具体的に購入可能価格を調べるため
「自己資金」と「住宅ローン借入額」のそれぞれの金額を算出していきましょう。



2 自己資金を考える

現在の預貯金から不動産を購入する自己資金として、どのくらい使えるのかを考えましょう。
いざという時のためのお金や引越し費用など、「みんなどのくらい手元資金として残しているのかしら?」など、なかなか聞くに聞けない点などがあれば、遠慮なく担当スタッフに尋ねてみて下さい。

現在の預貯金だけではなく、親からの資金援助などにより自己資金を増やす事も案の一つです。

「親からの資金援助に対し抵抗がある」という人も多いようですが、援助金があると、毎月の返済額や支払利息の総額を減らすことができるのでとてもお得です。
又、親からの資金援助と一言で言っても「親からの借入金」、「親との共有名義」、「親からの贈与」など、方法は多種多様ですし、それぞれの方法に「注意すべき点」と「メリット」があります。また、「親からの贈与」を受けられる場合、住宅取得等資金の相続時精算課税の制度などがあります。詳しくは担当スタッフにお尋ね下さい。


自己資金がゼロでも住宅ローンの組み方(100%ローン)によっては、購入は可能です。
詳しくは担当スタッフまでご相談下さい。



3 住宅ローン借入額を考える

現在の家賃などを目安にしながら、月々およびボーナス時に返済可能な金額からシミュレーションを行い、ローンの借入可能額を算出しましょう。

以下に返済シミュレーションが行なえるサイトをご紹介致しますので、入力する返済金額や返済期間が変わればどうなるか等、実際に数値を入力して試してみて下さい。


返済額シミュレーションページはこちら


又、住宅を購入すれば、賃貸物件と違い固定資産税や維持管理費用がかかりますので、そういった必要な費用も考えて住宅ローンの返済額を考える必要があります。(一戸建てには、中古マンションなどのように毎月一定の修繕積立金などを支払う必要はありませんが、ご自身で管理して将来の修繕金を積み立てていく必要があるという点では同じ事だといえます。)


住宅ローンには「収入合算」制度があり、妻や同居するご家族などの収入を合わせた年収をベースに住宅ローン審査をすることが可能です。金融機関によって合算できる内容が異なりますので弊社スタッフまでご相談下さい。

金融機関によっては、物件売買代金以外に諸費用(リフォーム代も含む)も住宅ローンとして借り入れ可能な場合もあります。お気軽に担当スタッフまでお尋ね下さい。


主な購入時の諸費用(中古物件を購入する場合)



STEP2 物件を探す


■特集一覧

店舗所在地 QRコードで簡単アクセス!

■大阪市区別

PAGETOP