HOME > 不動産売却の流れ > 不動産売買契約

売却の流れ

1 相場チェック

2 査定依頼

3 売却依頼

4 購入者探し

5 売買契約

6 残代金受領


STEP4 購入希望者探し!

購入希望者から「購入申込書」を受領し、価格や代金の支払方法、引渡し等の条件、付帯設備の確認など契約のための条件について様々な調整を行い、全て合意に至ったら、いよいよ不動産売買契約の締結です。契約内容に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、契約後や引渡し後にトラブルにならないよう現状を正確に報告し、不明な点は不動産会社に確認を取りましょう。



契約に至るまでの流れ

ご所有不動産の購入希望者が見つかりますと、購入希望者から弊社に購入申込書をご提出頂きます。これを受けて弊社は、代金の支払方法や物件の引渡し時期、付帯設備の確認など契約のための条件を売主様と調整します。 また、購入希望者が住宅ローンを利用する場合は、年収や自己資金などを確認し、住宅ローン借入に問題が無いかどうかチェックし、不動産売買契約をより確かなものにします。 (原則、不動産売買契約は、住宅ローン事前審査の承認後におこないます。)



不動産売買契約とは

売買契約書は、取引内容や当事者の権利・義務などを明らかにし、安全で確実な売買の成立を目的とするものです。売主・買主の双方が署名捺印し、買主が手付金を支払った時点で契約が成立します。不動産売買契約を締結したら、以後は契約書の記載内容に基づいて権利や義務を履行することになります。義務に違反すると違約金の支払いが必要になる場合もありますので、少しでも不明な点があれば必ず弊社スタッフにご確認下さい。



契約時の必要書類


ご実印 認印でも可ですが、大事な書類ですので出来ればご実印をご用意下さい。
身分証明書 運転免許証・健康保険証・パスポート等
登記済権利証書 不動産登記を終えたとき、その証明書として交付された書類。
固定資産税等納付書 売却物件の最新分をご用意下さい。
※2~4は所有者の確認書類としてご用意下さい。


契約時の資金授受について


手付金 契約の安全性のため、物件価格の約一割が目安ですが、買主様の状況によっては、物件価格の一割未満となるケースもございます。
仲介手数料 契約時に約半分、決済時に約半分が目安ですが、契約内容によってはご相談させて頂きます。
売買契約印紙代 売買契約書に収入印紙を貼り、消印して納めます。 → 印紙税額の一覧表

売却時に伴う諸費用一覧



STEP4 購入希望者探し!
STEP6 残代金の受領物件の引き渡しを行う


■特集一覧

店舗所在地 QRコードで簡単アクセス!

■大阪市区別

PAGETOP