HOME > 不動産売却の流れ > 不動産の引渡し

売却の流れ

1 相場チェック

2 査定依頼

3 売却依頼

4 購入者探し

5 売買契約

6 残代金受領


STEP6 残代金受領・物件の引渡しを行う!

不動産売買契約の締結が済んだら決済(残代金受領・物件の引渡し)を行う事になります。決済を行うには、ご売却物件に住宅ローンやその他の抵当権等が付いている場合、抹消手続きを行わなければなりません。

以下に、抵当権の抹消や引渡しについてのスケジュールや決済までに準備しておくべき書類など、注意点をまとめておりますので、ご参考下さい。



ローンが残っている時は抵当権の抹消が必要

ご売却物件に住宅ローンなどの抵当権がついている場合、抵当権の抹消が必要になります。抵当権の抹消には以下の2通りの方法があります。


1 残代金受領時に残代金で抵当権の抹消を行う。

買主への所有権移転登記と抵当権の抹消登記を同時に行います。
現在、返済を行っている金融機関の支店窓口にて一括繰上返済の申込みを行います。
その後、司法書士が残代金受領前に金融機関の抹消書類に不備がないか確認します。
そして、残代金受領日当日、残代金で一括繰上げ返済を行うと同時に、金融機関から抵当権抹消書類を受領します。
管轄の法務局への抵当権抹消申請は、司法書士が代行いたします。


2 残代金受領前に手元資金で抵当権の抹消を行う。

現在、返済を行っている金融機関の支店窓口にて一括繰上返済の申込みを行います。
その後、金融機関から繰上げ返済の準備が完了した旨の連絡があれば、一括繰上返済を行い、金融機関から抵当権抹消書類を受領し、管轄の法務局へ抵当権の抹消を申請します。
(尚、抵当権抹消の手続きは、司法書士に代行を依頼することも可能です。)



残代金の受領と物件の引渡しについて

通常、残代金の受領と物件の引渡しは同時に行なわれます。
したがって、引渡日までに引越しを済ませておかなければなりません。
しかし、買い替えの場合など残代金の受領前にお引越しをすることが困難な場合は、残代金の受領後に物件の引渡しを行うことになります。(残代金受領日と物件引渡日が異なる場合は、不動産売買契約書にその旨を記載していますので、物件引渡日までにお引越しをしていただくことになります。)
引越しが終わったら、電気・ガス・水道などライフラインの閉栓手続きなども忘れずに行ないましょう。



残代金受領時の流れ


STEP1 登記申請書類の確認
所有権移転登記の申請を行います。登記を代行する司法書士に必要書類を渡し、
登記申請を依頼します。
STEP2 残代金の受領
残代金を受け取って、領収書を発行します。
尚、残代金の受領方法は、現金や銀行振込、保証小切手などがあります。
STEP3 固定資産税などの精算
引渡し日までの金額を日割り計算して精算します。
STEP4 関係書類の引渡し
管理規約、パンフレット、付帯設備の保証書・取扱説明書などを引渡します。
STEP5 鍵の引渡し
お住まいのカギを引渡します。
STEP6 諸費用の支払い
仲介手数料などの諸費用を支払います。

売却時に伴う諸経費用一覧



残代金受領時に用意するもの


登記済権利証書 不動産登記を終えたとき、その証明書として交付された書類
ご実印 不動産を売渡す際には、市(区)町村役場に登録した印鑑が必要です。
印鑑証明書 不動産売却時(残代金受領時)に、発行日から3か月以内の証明書が必要です。
管理規約・パンフレット
建築確認書
不動産購入時に分譲会社から受領した書類など、売却物件に関係する書類をご用意ください。
仲介手数料 契約時に約半分、決済時に約半分が目安ですが、契約内容によってはご相談させて頂きます。
固定資産税等納付書 売却物件の最新分をご用意下さい。
登記費用 売渡証書(不動産売買契約の内容を記載した書面)作成などの手続を司法書士に依頼する費用です。
売却物件の鍵 玄関・勝手口などのすべての鍵をご持参下さい。
※登記されている住所と印鑑証明書の住所が異なる場合には、上記以外に住民票、又は戸籍抄本などが必要になります。
  詳しくは、担当スタッフへお問い合わせください。


STEP5 不動産売買契約を締結する!!


■特集一覧

店舗所在地 QRコードで簡単アクセス!

■大阪市区別

PAGETOP